ホームの中の 会社情報 の中の 会社沿革

会社沿革
1900● 東京・深川(現・江東区)に個人商店・宮﨑岩松商店を創立する。
商標を「ライオン」として、塩の販売を始める。初代店主、宮﨑岩松。
1916● 東京市深川区千田町(現・江東区千石3-4)に
パン粉工場を建設する。パン粉の製造・販売を始める。
1931● 宮﨑英一郎が二代目店主となり、店名を「宮﨑パン粉製造所」と改称する
1937● 我が国で最初のソフトパン粉の製造を開始する。
1945● 東京大空襲により総てを焼失する。
1948● 埼玉県浦和市高砂にパン粉工場を再興する。
1952● 埼玉県浦和市(現・さいたま市)別所に工場を移転する。
1954●  宮﨑守一が三代目店主となる。
1960●  株式会社に組織変更。資本金200万円。社名「株式会社ライオンパン粉」とする。
1968●  パン粉として初めて厚生省より特殊栄養食品の認可を得る。
1971●  茨城県真壁郡関城町(現・筑西市)に茨城工場を建設する。
1976●  第一回優良申告法人の表彰状を受ける。
1978●  茨城工場内にピザクラスト専用工場を建設する。
1979●  社名を「ライオンフーヅ株式会社」に改称する。
1984●  記念誌「家業百年」を刊行する。
1987●  岩手工場が完成。(現・東北工場)電極式パン粉の製造を開始する。
1991●  岩手工場で焙焼式パン粉の製造を開始する。資本金を3,000万円に増資する。
1994●  旧浦和工場跡地に本社および研究開発室が完成する。
1995●  宮﨑 康が代表取締役社長に就任する。
1996●  中国・青島市にパン粉製造会社「青島獅子食品有限公司」を設立する。
吸収率の低いパン粉およびその製造方法(セルフレーク)の特許を取得する。
1997●  レンジ対応フライ類の製造方法(レンジフレーク)の特許を取得する。
1998●  農林水産省食糧庁長官より感謝状を受ける。
2000●  創立100周年記念式典を挙行する。
2001●  関東つくば工場が完成する。
2004●  中国工場に焙焼式パン粉製造ラインが完成する。
2005●  中国・浙江省嘉興市に新会社、「獅子食品(嘉興)有限公司」を設立する。
資本金230万ドル、工場の建設用地(11256㎡)を取得する。
2006●  関東工場を閉鎖し、関東つくば工場に統合、新関東工場とする。
新関東工場に電極式パン粉製造ラインが完成する。
2007●  嘉興工場が完成、パン粉の製造販売を開始する。
宮﨑裕一が代表取締役社長に就任する。
2009●  関東工場、東北工場ともにJAS認定工場として指定される。
2011●  獅子食品(嘉興)が中国質量認証中心(CQC)を取得する。
2013●  東北工場にエクストルーダーラインが完成する。
2014●  分社化によりライオンフーヅ販売株式会社を設立する。
2016●  関東工場に焙焼第二工場が完成する。
パン粉の製造・販売の開始から100 周年を迎える。

ページトップへ