ホームの中の パン粉の知識の中の とんかつの祖父と父

パン粉の知識
正解は和食です

なぜですかって。ではフレンチ やイタリアンのメニューにとんかつってありますか。そうです、とんかつはお箸でいただく正当な和食なのです。 では洋食と答えた方、少しだけ正解です。その理由はとんかつについてのうんちくをお話しながらご説明しましょう。


時は今からさかのぼること約1世紀、処は江戸改め東京の、とある西洋料理店。さてここで作られるメニューの一品に「コートレット」なるものがありました。これこそが今のとんかつの祖父、ルーツ料理にあたります。「コートレット」とは、仔牛の肉に少し硬くなったフランスパンをおろしがねでおろした粉(パン粉)を付け、油を敷いたフライパンで炒め、これにデミグラスソースをかけていただく料理です。

コートレット画像

でも当時の日本人の口にはやや違和感があったようでした。そこで肉を仔牛から豚肉に変える工夫を試みました。ポークコートレット改めポークカツレツ、いわゆる「カツレツ」の登場です。いわば「とんかつ」の父親にあたります。

ページトップへ