ホームの中の パン粉の知識の中の 日本初パン粉の商品化

パン粉の知識
日本で初めてパン粉を商品化

そしてもうひとつの知識。今から約100年前、「パン粉」を和の素材として着目して日本で初めて商品化したのが、1916年(大正5年)、私たちライオンフーヅ株式会社の前身、宮崎岩松商店だったのです。1937年(昭和12年)には日本で初めてソフトパン粉の製造を開始しました。


当時の商標

現在、当社のパン粉は800種類もある奥の深い商品なのです。揚げた時のきれいな色にこだわるデリカ商材のお客さまには、天然着色のパン粉。とんかつにこだわるお客さまには、大きいカツ用の粗いパン粉や、小さいかつ用の細かいパン粉。冷凍食品用なら、レンジで暖めてもパリっとクリスピーなパン粉。一見脇役のように見えるパン粉ですが、その奥の深さ実は相当なものです。

その原料となるパンも100種類以上あるのです。使用する食品や要望によってはいくらでも組み合わせが考えられます。その中でベストな提案を行わなければ、お客さまには満足していただけません。常に全てのお客様の要望を満たすことが、私たちの仕事です。ライオンフーヅは業務用パン粉の分野ではシェアナンバーワンを誇る会社です。顧客は大手食品メーカーやとんかつ専門店、コンビニエンスストアが中心です。

現在、創業114年という歴史はありますが、特に力を入れてきたのは商品開発です。お客様の要望をいち早く提案できる体制を作り、常に「新しい美味しさ」を研究しています。また、将来性豊かな中国市場を視野に入れて、青島に独資企業を設立し、更に第2ステップとして上海地区にも進出することができました。今後も海外市場を常に視野に入れた事業戦略を考えていくつもりです。

ページトップへ